アクトMTメルマガ152号:令和を楽しむ<夏祭りは、準備万端?>

前号では、3回目のコーチング勉強会が終わりました。一夫の今回の課題は、聴き手のときに『質問は必要ない』と言われたことでした。『的確な質問』が重要だと考えてきた一夫は、納得できません。また、『自分らしい生き方』について、「私の考えと違っていても、たくさんの人が喜ぶなら、それに従います」という話に、「もっと自由に生きろ」と言ってあげたいと思…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ151号:令和を楽しむ<自分らしい生き方 とは?>

前号では、一夫は、コーチング勉強会で『相手を受止めるためには、質問は必要ありません。』と言われました。でも、『自分は鋭い質問ができる』と信じていた一夫には納得できません。そして、『相手を受け止める』とはどういうことか、ますます興味が湧いてきたようです。コーチング勉強会が続きます。 *** アクトMTメルマガ151号 **** …
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ150号:令和を楽しむ<質問しすぎです その2>

前号では、コーチング勉強会で練習セッションがありました。一夫は、しっかり話を聴くことができたと思いました。ところが、相手からは「ハローワークの面接のようだった。」という感想をもらい愕然としました。コーチからは、「質問のし過ぎです。」と言われ、納得できませんでした。 *** アクトMTメルマガ150号 **** 我々、昭和…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ149号:令和を楽しむ<質問は必要ありません>

一夫はコーチング勉強会で『プラスのめがね』を経験しました。今までに、想いを感じるなど、考えたこともなく、想いより、事実や言葉が重要だと考えてきた一夫です。今の一夫には想いを感じることは、まだ難しいようですが、『想い』が何となく分かってきたようです。 *** アクトMTメルマガ149号 **** 我々、昭和世代は、激動の中…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ148号:令和を楽しむ<プラスのめがね>

一夫は、3回目のコーチング勉強会に参加しました。テーマは『想いを感じる』。コーチングの目的は『目標を達成すること』ですが、『想いをかなえること』が大切だと説明がありました。そして、想いを感じる練習『プラスのめがね』というワークが始まりました。 *** アクトMTメルマガ148号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ147号:令和を楽しむ<想いを感じる>

一夫は、マンションの夏祭りで自分が担当する焼きそば屋については、家族の協力が得られてホッとした気持ちになりました。しかしその一方で、他の役員たちはしっかりと準備を進めているか、どれだけの住民たちが夏祭りに参加してくれるか、一夫はまだまだ不安です。今日は、3回目のコーチング勉強会が開催されました。 *** アクトMTメルマガ14…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ146号:令和を楽しむ<家族へのお願い その2>

マンションの役員会で夏祭りの企画が決まり、ホッとして帰宅した一夫でした。早速に一夫が提案したカラオケを頼んだ良子に感謝を伝えました。しかし、息子の聡からは「そんなところで歌いたい人がいるかな。」と言われて、また不安になる一夫でした。 *** アクトMTメルマガ146号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ145号:令和を楽しむ<家族へのお願い>

マンションの夏祭りの出し物が決まって、ホッとした一夫でした。また、一夫が必死にうなずきと相槌をしていた効果でしょうか、議論も順調だったようです。少しはコーチング勉強会の成果が出たのでしょう。でも、一夫はまだまだ不安でいっぱいです。 *** アクトMTメルマガ145号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ144号:令和を楽しむ<夏祭りの盛り上げ案(その2)>

マンションの自治会で開催する夏祭りの盛り上げ案について、役員会で検討が行われました。一夫は、前回の役員会で「会長さん聴いているんですか?」と言われた反省から、発言者の方に体を向け、うなづきと相槌を心掛けています。 *** アクトMTメルマガ144号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そし…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ143号:令和を楽しむ<夏祭り盛り上げ案>

一夫は、コーチング勉強会での『自分らしく生きる』という課題に、『自分の好きなことをやって生きること』と答えました。そして、その一夫の答えに対する和泉コーチの質問に、自治会の役員会で意見をしっかりと聴くために、うなずきや相槌をしっかりやってみると答えました。 *** アクトMTメルマガ143号 **** 我々、昭和世代は、激動…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ142号:令和を楽しむ<『自分らしく生きる』とは?(その2)>

コーチング勉強会で『自分らしく生きる』をテーマにそれぞれの考えを発表しました。自分の目標を達成すること。人のために役に立つ生き方をすること。などの意見が出ました。一夫は、『自分の好きなことをやって生きること』と答えました。すると、和泉コーチが一夫に質問をします。どんな質問でしょう。 *** アクトMTメルマガ142号 **** …
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ141号:令和を楽しむ<『自分らしく生きる』とは?>

キャッチボールで、相手が投げたボールがそれてしまったとき、拾いに行くのはキャッチする人です。同じように会話でも、相手の話が的外れとか、間違っているなどと思っても最後まで話を聴きましょう。という説明に、一夫は納得できなかったようですね。勉強会はまだ続きます。 *** アクトMTメルマガ141号 **** 我々、昭和世代は、激動…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ140号:令和を楽しむ<ことばのキャッチボール(その2)>

和泉コーチが、『会話はキャッチボール』という話を始めました。キャッチボールのように、相手の方を向いて構えて聴く姿勢を見せることで、『話しをする』という気持ちが通じ合うことが大切だと話しました。そして次に、「もし、相手の投げたボールが大きくそれてキャッチできなかったたら、誰が拾いに行くでしょう。」と質問しました。さて、どのような話になるの…
コメント:0

続きを読むread more

<5月7日(水)開催中止>コーチングスポット

5月7日(水)に予定されていたコーチングスポットは、開催を中止とします。 誠に残念ですが、新型コロナウイルスの感染予防のためにご了承ください。 緊急事態宣言が発令されています。期限は5月6日までで、東京都が発表する感染者数も横ばいから減少傾向がみられるようです。しかし、まだまだ予断を許さない状態は続くと思われます。このような状況…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ139号:令和を楽しむ<ことばのキャッチボール>

神崎一夫は、相手の『繰り返し』と『感情の反射』でウキウキした気持ちになりました。その効果は分かったような気がしてきましたが、自分にこれができる自信はありません。 *** アクトMTメルマガ139号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そして今、令和は、自分のために、自分自身の人生を楽しむ時…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ138号:令和を楽しむ<『繰り返し』と『感情の反射』(その3)>

神崎一夫は、積極的な想いでコーチング勉強会に参加しました。そして、2人一組になった練習セッションで聴き手役になりました。相手の話したことばの『繰り返し』に挑戦しましたが、繰り返すことばが出てきません。焦ってしまい、相手の話も分からなくなってしまったところで、終了の時間となってしまいました。 *** アクトMTメルマガ138号 **…
コメント:0

続きを読むread more

<4月1日(水)中止>コーチングスポット

4月1日(水)に開催の予定だったコーチングスポットは、中止とします。 新型コロナウイルスの感染予防のために、3月に続き4月も中止とします。 誠に残念ですが、ご了承ください。 先日、新型コロナウイルスについて専門家会議の発表がありました。何とか持ちこたえているということですが、まだまだ慎重な行動が要求されています。このような…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ137号:令和を楽しむ<『繰り返し』と『感情の反射』(その2)>

前号では、神崎一夫は、2回目のコーチング勉強会参加しました。今回のテーマは『相手を受け止める』。そして、傾聴技法の『繰り返し』と『感情の反射」が課題です。一夫は、どれも理解し難いようですが、早速に、2人一組になった練習セッションが始まります。 *** アクトMTメルマガ137号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ136号:令和を楽しむ<『繰り返し』と『感情の反射』>

神崎一夫が旧友の板垣と会いました。そのとき、春日の奥様から「会長さん。聴いているんですか?」と言われたことに対して、「腕を組んで目を閉じていたら、そう言われるのは当たり前だ。」と、板垣から言われました。そして改めて、コーチング勉強会に通ってみようと考えました。 *** アクトMTメルマガ136号 **** 我々、昭和世代は、…
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ135号:令和を楽しむ <旧友に打ち明けた(その2)>

前号では、神崎一夫は、旧友の板垣との飲み会に出かけました。何でも遠慮なく言い合える仲の板垣に、一夫はマンションの自治会長になった話を始めました。 *** アクトMTメルマガ135号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そして今、令和は、自分のために、自分自身の人生を楽しむ時代だ。 ■…
コメント:0

続きを読むread more