** メルマガ第3号 : 自分を変える**

■ 自分を知り、自分を変える

 前回(第2号)で「自分のタイプを確認し、感じてみてください」と
 ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 好きなところ、嫌なところ、何となく分かってきた自分ですが、
 自分を知り、ありのままの自分を受止め、好きになることが大切です。
 傲慢になったり、逆に卑下したり自己嫌悪することはありません。

 誰でも、自分の好きなところもあれば、嫌いなところもあります。
 そして「こんな自分になりたい」という想いもあります。
 今回は、そんなあなたにヒントを差し上げたいと思います。

 前回ご紹介した「エゴグラム」でお話します。
 誰でも、5つのこころの状態を持っているといわれています。
 違いは、それぞれの状態の高い/低い(強い/弱い)です。
 また「どれが良い/悪い」はなく、プラスもマイナスもあります。

 5つのこころの状態     プラス   マイナス
 CP : 厳しい父   < 厳格    口うるさい >
 NP : 優しい母   < 優しい   おせっかい >
 A  : 冷静な大人  < 理論的   味気ない  >
 FC : 明るい子供  < 自由奔放  わがまま  >
 AC : 素直な子供  < 協調的   いい子ぶる >

 このようなチェックをすると、次のように言う人がいます。
 「こうありたいと考えてチェックしちゃうから、本来の自分ではない」
 そんなときは、もう一度、昔の自分を思い出してチェックしてください。
 「こうありたい自分」と「昔の自分」のどこが違いますか?
 その違いが、今回のテーマ「自分を知り、自分を変える」なのです。

 「こうありたい自分」を考えることは、あなたがそうなる第一歩です。
 しかし、どのタイプでも、強いところを弱くすることは難しいようです。
 ところが、逆に、弱いところを強くすることはできるそうです。
 そして、弱いところを強くすれば、自然と強いところが引っ込みます。

 実は私は、CPとAが強くFCが弱い(厳格で理屈っぽく暗い)タイプ。
 そこでFCを強くしたいと考え、「ワ~。いいね」「オ~。すごいね」
 などと言う練習をしました。(もちろん一人のときに)

 すると何と!言えるようになって来ました。
 考えてみると、それまで、そんなことばを使ったことがなかったのです。
 口に出して練習すると、そのことばが普段でも使えるようになるのですね。

 このように強くしたいタイプの言葉遣いを真似するのも一つの方法です。
 他にも身の回りにあるものや服装や動作を変えるなどの方法もあります。
 例えば、

 CPを強くする : 格言付きのカレンダーを飾る。胸を張って歩く。
 NPを強くする : 机に花を飾る。家族の写真を持ち歩き時々見る。
 A を強くする : テレビで科学番組やドキュメンタリー番組を見る。
 FCを強くする : 部屋に楽しい絵を飾る。ラフな服装をする。
 ACを強くする : 遊びや食事などで相手と同じものを選ぶようにする。

 きっと私と同じように、この強くする方法は、今の自分がやらないことです。
 そこで大事なことは、無理をせずに自分ができそうなことをやること。
 自分に合った方法を探してください。
 きっと、変わっていくあなたを感じることができると思います。

 ところで、自分の「5つのこころの状態」を感じるようになると
 あなたは、相手の「5つのこころの状態」も感じるようになります。
 そして相手と自分の違いを感じ、違いを活かすことができるようになります。
 これは、次回紹介しましょう。

  ****** ご案内 ******

■ 次回のコーチングスポットは、1月7日(水)開催です。
 テーマは「違いを活かす」です。
 参加をお待ちしています。
 詳細は、  http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm
 申込みは、 kira_mt@yahoo.co.jp

■ このメールマガジンに関するご意見・ご質問をお待ちしています。
 メールは、 kira_mt@yahoo.co.jp
 配信申込みもこちらからどうぞ。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ご意見、ご感想をお待ちしています。
 では、次号をお楽しみに!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック