アクトMT メルマガ第86号:コーチングその39(サクセス クェスチョン)

前回からは、コーチングシリーズのまとめに入り
「3つの素晴らしい質問」のお話をしています。
その一つ目は、
  OKクェスチョン 『今日の良かったことは、何ですか?』
でした。今回は、「サクセス クェスチョン」です。
ぜひ使ってみてください。

ところで、毎月開催しているコーチング勉強会「コーチングスポット」の
「100回記念勉強会」が、9月20日(土)に開催されます。
どのような楽しい勉強会にするか、企画を進めていますが
コーチとして活躍している方を招いてお話をしてもらおうと考えています。
楽しみにしてください。皆様の参加をお待ちしています。

実は、今日(6/4)は、コーチングスポット通算第99回目が開催されます。

 *****  アクトMT メールマガジン 第86号  *****

■ コーチングその39:サクセス クェスチョン

「3つの素晴らしい質問」の二つ目は「サクセス クェスチョン」

  『どんな風に、やったの?』

です。

この質問は、サクセスストーリー。
つまり、うまく行ったことや成功の秘訣を説明してもらうことが目的です。
説明することにより、その人は、ますます成功の喜びを感じます。

さらに、口に出して話すことで、その人の「リソース」が明確になります。

「リソース」とは、日本語では「資源・資産」などと訳されています。
コーチングでは、目標の達成のために行動するとき
その人が、「できる」「使える」と考えられるものです。

例えば、その人が持っている才能、知識、技術などの能力や
物、財産、さらに、その人の友人、知人などの人材などなど
その人がもっているすべてが「リソース」です。

  「どんな風に、やったの?」

と、聞かれて、その人は

  「実はね、・・・」

と、頑張ったことや工夫したことなどを話し始めます。
頑張ったことを話し、認められると、その人は、うれしくなります。

  「実はね、難しいところがあったけど、何とかできたんだ」

という答えには

  「そうか、何とかできたんだ。良かったね。
   もう少し具体的に、どんな風にやったのか教えてください」

と、共感とともに、さらに質問しましょう。
話を具体的にしていくと、その人の「リソース」が見えてきます。

そして、その応えを聴いたあなたは

  『そうか。そんな風に、やったんだ。頑張ったんだね!』

と、相手の人の「リソース」を認め、さらに共感を伝えましょう。

「リソース」が認められたことで、その人は自信をもちます。
共感を伝えることで、二人の間の信頼関係が深くなります。

「サクセス クェスチョン」是非使ってください。

  ****** ご案内 ******

■ コーチングスポット

7月のテーマは

 違いを活かす  (質問する・提案する)  

素晴らしい「質問」と「提案」は、相手に気付きや自発的行動を促します。

「質問」は、「考えるきっかけ」を提供します。
さらに具体的に考えたり、逆に混乱している話を整理するきっかけとなります。

「提案」は、「視点」を変えて、気づきを促します。
「あなたの話を聴いて、私だったら、こんなことをしてみたいと思いました。」

「質問」も「提案」も、会話をする二人の価値観や考え方の「違い」の結果です。
「違い」があるから

  「そうか!そんな考え方もあるね!
   だったら、・・・」

と、気づきが生まれます。

 日時 : 7月2日(水)19:30~21:30 開催です。
       (毎月、第一水曜日に開催です)

 場所 : 日暮里ホテルラングウッド サニーホール
       JR日暮里駅南口徒歩1分 荒川区東日暮里5-50-5

 参加費: 700円    定員: 20名

 詳細は、  http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm

 参加申込みは、こちら [参加申込み]

■ アクトMTのメールマガジンのバックナンバーをブログに掲載してます。

 アクトMTのホームページから入れます。
      http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/
 ご覧ください。

■ このメールマガジンに関するご感想・ご意見・ご質問をお待ちしています。

 配信申込/停止もこちらからどうぞ。
      [メルマガ 感想・配信申込み]

                       アクトMT 森戸






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック