<10月3日(水)開催>コーチングスポット

今回のテーマは
 「聴くとは?」 (聴き上手になろう)
 大坂なおみ選手が全米オープンテニス大会で優勝して話題になっています。
そして、大坂選手を優勝に導いたサーシャバインコーチも注目されてます。
サーシャコーチの話の聴き方が、素晴らしいですね。

試合中に「テニスなんか、もうやりたくないもん」という大坂選手に
「そうか。君は、やりたくないと思っているんだ。
 でも、僕は君はよくやっていると思う。君ならできる。」
と、相手の話を否定せずに、自分が信じていることを伝えています。

話を聴く基本は、「うなずき、相槌、繰り返し、感情の反射」の4つです。
うなずき: 頭を動かして、視覚から「聴いています」と伝えます。
相槌  : ハイ。ホウ。エ~。と、聴覚から「聴いています」と伝えます。
繰り返し: 相手のことばを繰り返して、「聴いています」と伝えます。
感情の反射:鏡のように相手の表情になり、「聴いています」と伝えます。

「聴く」とは、相手に「聴いています」と伝えることです。
だから、うなずきは、相手が分かるように大きく頭を動かします。
相槌も、相手が聞こえるように、はっきりと「ハイ」といいます。

同じように、姿勢も大切です。
腕を組んで、ふんぞり返って「話を聴いてやるぞ」という姿勢はいけません。
この姿勢では、話を聴く以前に、上から目線になってしまいます。
椅子に浅く腰掛け、軽く前かがみになって相手と目線の高さを合わせます。
すると「あなたの話を聴かせてください」という気持ちが相手に伝わります。

サーシャコーチも、しゃがみ込んで大坂選手と目線の高さを合わせます。
そして、心配そうな表情で「今の気持ちを話してごらん」と話しかけます。
これで大坂選手は、今の自分の気持ちを受け止めてくれたと感じます。
そして次には、サーシャコーチのことばを素直に受け入れることができます。
その結果、自分の気持ちを立て直し、試合に勝つことができました。

さあ、あなたも、サーシャコーチのようにコーチングスポットで
聴き上手になりましょう。


☆☆ コーチングスポット 10月開催のご案内 ☆☆
 <だれでも、参加できます>

日時:10月3日(水)19:30~21:30
 (毎月第一水曜日開催です)

場所 : 日暮里ホテルラングウッド サニーホール
 JR日暮里駅南口徒歩1分 荒川区東日暮里5-50-5

参加費: 700円    定員: 20名

問合せ・申込み:03-3895-5353 森戸

e-mailは、こちら [参加申込み]

ホームページ:検索サイトで  コーチングスポット  [検索]
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック