アクトMTメルマガ第109号:東京マラソン完走(ペース8分/kmで走る1日:スタート前)

前号では、「本番までの準備」をお話ししました。
トレーニングで体力をつけることも重要ですが、靴を新調したり、
リュックを準備したり、いろいろと準備することがありました。
今回は、本番当日、目標ペース8分/kmで走る1日についてお話しします。
一流選手とは違い、マラソンビギナーは、一日かけて走ります。
そのために、いろいろと苦労することがありました。

*** アクトMT メールマガジン第109号 ***

■ ペース8分/kmで走る1日(スタート前)

日本記録の設楽選手は2時間6分で完走なので、走ることだけに専念します。
でも、私の場合は、目標ペースの8分/kmで走ります。
完走するためにかかる時間は

 42.195km×8分/km=5時間38分

さらに、その間に、途中で給水し、トイレに行き、栄養補給も必要です。
それらを含めると、

 スタートからゴールまでの所要時間 6時間(実際には5時間59分)

スタート前の準備、ゴール後の着替えなどを含めると8時間かかります。
いかに、この間のコンディションをベストに保つかということが重要になります。

それは、朝起きた時から始まります。
まず朝起きたら、もちろんまずは、9:10 のスタートを目指します。
でもその前に、8:45 までにスタートブロックに入ることが必要です。

一流選手は、当然ですが、スタートラインのすぐ後ろに並びます。
ですが、一般ランナーは事前申請の記録に従ってスタートブロックに入ります。
私は、Kブロックです。

ちなみにスタートブロックは、AからLまであります。
ですから、私は後ろから2番目ということになります。
さらに遅刻した人には、Lブロックの後ろに待機所があります。
8:45までに自分のスタートブロックに入らないと、待機所に回されます。
去年は、スタート前のトイレで1時間近くかかてしまって遅刻!
待機所になってしまいました。

トイレ以外にも、スタート前に時間がかかることがいくつかあります。
では、起床してから順にお話ししましょう。

5:45 余裕をもって、家を出る1時間前に起床。普通に朝食をとりました。
6:45 我が家を出発。
スタート地点の新宿都庁前までは、普段なら40分ほどです。

7:15 新宿駅到着。スタート地点の都庁前まで歩きます。
新宿駅は、明らかに「ランナー」と思える人たちで混雑しています。
中には、構内でウェアに着替えている人もいました。
そんな雰囲気に

 「いよいよ東京マラソンだ!」

と、私の気持ちも高ぶってきます。
そして、ここまでは順調です。

7:30 都庁前のスタートエリアに到着。入場ゲートにならびます。
入場ゲートでは、リストバンドをスキャナでチェックしてもらいます。
このリストバンドは、前日までにビッグサイトに行って
運転免許書を提示して手首に付けてもらいます。

でも、ゲート前は人でいっぱいです。

 「ワ~ こんなに並んでいる!」

まずここで、圧倒されます。
10分ほどで、何とか無事に通過しました。
入場したら、荷物を預けるトラックとスタートブロックを確認しておきます。

7:45 すいているトイレを探して並びます。
去年の経験から、最もすいていると思われる都庁ガード下にあるトイレへ直行。
しかし、列の先頭はよくわかりません。
結局30分ほど並んでトイレを済ませました。
コース途中にも仮設トイレはたくさんありますが、スタート前のトイレは必須です。

8:25 トイレを済ませたので、ランニングウェアになります。
重ね着していたトレーナを脱ぎ、荷物を指定されたトラックに預けます。
このトラックが、ゴール地点の皇居前に荷物を届けて置いてくれます。

そして、自分のスタートブロックに入ります。
私のKブロックは、都庁の裏の新宿中央公園の広場でした。

これからスタートの9:10まで、1時間近くここで待機です。
ウォーミングアップをしながら待ちますが、寒風で体が冷えてきます。
無事に、スタートブロックに入りましたが、長い待ち時間です。

そして、いよいよスタートですが、以降は次回にさせていただきましょう。
まだまだマラソンビギナーの苦労は続きます。

写真は、スタートエリアで待機する爆弾処理班と
私のKブロックから見上げた都庁ビルです。
画像   画像














警視庁も万全の体制です。
Kブロックは、都庁のために日陰で寒かった。

■ コーチングスポットのご案内

12月のテーマは
 
 違いを感じる (自分らしさを知る)

こんなことばがあります。(タルムードより)

 『 我々は、あるがままにものを見るのではない。
   我々があるがままに、ものを見るのである。 』

同じものを見ても、人それぞれに違う見方で見て、感じ、考え、判断します。
でも、人は、ついつい「自分の当たり前」を相手にも求めます。

 「そんなこと、当たり前でしょ!」
 「あなたは、いつもそうなんだから!」
 「あなたは、間違っている!」

そんな風に感じたとき、ちょっと待ってください。

「間違い」は、「二人の間の違い」です。

その良し悪しを判断をする前に、相手の当たり前を受止めましょう。
相手の当たり前を受止めると、思い込みや囚われから解放されます。
そして、新しい気づきが生まれます。

日時:12月12日(水)19:30~21:30
 (都合により、第二水曜日に開催です)

場所 : 日暮里ホテルラングウッド サニーホール
 JR日暮里駅南口徒歩1分 荒川区東日暮里5-50-5

参加費: 700円    定員: 20名

問合せ・申込み:03-3895-5353 森戸

e-mailは、こちら [参加申込み]

ホームページ:検索サイトで  コーチングスポット  [検索]
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック