アクトMTメルマガ第110号:東京マラソン完走(ペース8分/kmで走る1日:第一関門を目指せ)

前回は「ペース8分/kmで走る1日(スタート前)」でした。
5:45に起き、自宅を出てから、スタート場所の都庁前を目指します。
新宿駅で降りると、多くのランナーに気持ちも高ぶってきます。
スタートエリアの入場ゲートで並び、30分待ちのトイレを済ませます。
8:34に無事にスタートブロックに入りました。

一流選手は、スタートラインに並びます。
でも、我々一般ランナーは、そのはるか後方のスタートブロックです。
ここでスタートまで1時間近く、寒風の中を待機でした。
今回は、いよいよ東京マラソンのスタートです。

*** アクトMT メールマガジン第110号 ***

■ ペース8分/kmで走る1日(第一関門を目指せ)

我々ビギナーの重要なポイントが、スタートから5.6kmの第一収容関門です。
マラソンコースには「収容関門」というものが、いくつか設定されています。
指定された時刻までに収容関門まで到達しないと、バスに収容されるのです。

9:10 いよいよスタートです。
でも、私のKブロックには、号砲も聞こえないし、まったく動きが見られません。
スタートは、AブロックからLブロックまで順番で、最後に待機所です。
なにしろ34,500人がスタートするのですから、時間がかかります。
待つことは分かっていたので、ウォーミングアップをしながら待ちました。

9:29 スタートライン通過。本当のスタートから19分遅れです。
スタートブロックに入ってから、1時間も寒い中で立ったまま待たされました。
去年は、待機所からだったので、スタートライン通過は20分30秒遅れでした。
もちろん、正式タイムは、号砲が鳴った9:10から計測されます。
ですから、この時点で「遅れ19分」のハンディが付くということになります。

スタートラインには、セレモニーで使ったと思われる紙吹雪が散っています。
都庁前には、都知事をはじめ、たくさんの応援の人、人、人。
「いよいよ東京マラソンだ!」このときの高揚感は忘れられません。

10:30 飯田橋駅前(5.6km地点)の最初の収容関門の閉鎖時間です。
この最初の収容関門が、ハンディ19分遅れのために、厳しいものになります。

私の目標ペース8分/kmで、収容関門までの5.6kmは

 8分/km × 5.6km = 44.8分

なので、約45分で走れます。
ただし、スタートで19分遅れのハンディが付いています。

ということで、45分+19分=64分後の10:14が関門通過予定時刻です。
したがって、収容時刻まで16分の余裕があるので、楽勝だと思うでしょ?

でも、ここで注意が必要なのがトイレです。
スタート前にトイレに行ったのは、7:30ころですから3時間近く前です。
スタートブロックでは、寒い中をランニングウェアだけで1時間以上待機。
そろそろ、トイレに行きたくなるころです。

もし、最初の収容関門より手前でトイレに行って、何分も待たされたら・・・。
収容関門閉鎖までの16分の余裕がなくなります。
トイレで並んでいる間に関門が閉鎖なんて、こんなバカなことはありません。

実は、去年はスタート遅れのハンディに気づいていませんでした。
収容関門は余裕と思っていました。
そこで、収容関門直前のトイレに入ってしまい、15分以上待たされました。
トイレから出てきたら、すぐ後ろに収容バスがいるではないですか!
驚きました。間一髪、数分の差で収容を免れました。

こんな計算しながら走っていたので、最初の5kmのペースは7分37秒/km。
目標の8分/kmより早くなってしまいました。
だいたいスタート直後は、アドレナリンたっぷりで、ついつい早くなります。

トイレは、第1収容関門を過ぎた6km付近の空いているトイレを見つけました。
すいていても、トイレでの遅れは7分半以上になりました。

何とか無事に第一収容関門を通過し、順調に走り始めました。
これで、落ち着いて自分のペースで走ることができます。

これ以降は、また次回にお話しさせていただきます。

写真は、スタートライン直前です。
スタートブロックを出て、一団となりスタートラインを目指します。
「いよいよ東京マラソンだ!」と、一番高揚しているときです。
画像


■ コーチングスポットのご案内

1月のテーマは

  違いを活かす (私のとらわれ)

「とらわれ」という漢字は、「囚われ(人が囲われている)」と書きます。
人の行動や考えが、何かに囲まれ制限されていることを表しているようです。

「とらわれ」は、「その人らしさ」や「個性」として、話や行動に現れます。

好ましい形で現れるならよいのですが、時には好ましくないときもあります。
例えば、ついつい物事を悲観的に考えてしまう人がいます。
心配事がたくさん出てきて、どうしても行動をためらってしまいます。
逆に、何事でも楽観的に考える人もいます。
十分な考えや準備もなしに、「何とかなるさ」とすぐに行動します。

しかし、ある時は、慎重に考えることも必要でしょう。
でも時には、先ず行動してみることも必要です。
悲観的な人は少し行動的に、楽観的な人は少し慎重に考えることが必要です。

そのためには、「自分らしさ」、「自分の個性」を知ることが大切です。
「自分らしさ」を理解すると、その囲いから一歩踏み出すことができます。
「自分らしさ」は、その人の「とらわれ」であるとともに、「信念」です。
「自分らしさ」を上手に使いましょう。

コーチングスポットで自分の「とらわれ」を感じてみましょう。

日時:1月9日(水)19:30~21:30
 (今回は第2水曜日に開催です)

場所 : 日暮里ホテルラングウッド サニーホール
 JR日暮里駅南口徒歩1分 荒川区東日暮里5-50-5

参加費: 700円    定員: 20名

問合せ・申込み:03-3895-5353 森戸

e-mailは、こちら [参加申込み]

ホームページ:検索サイトで  コーチングスポット  [検索]
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック