アクトMTメルマガ111号:東京マラソン完走(ペース8分/kmで走る1日:快調に中間点まで)

前回は、スタートから第1関門までをお話ししました。
スタート時点で、すでに19分遅れのハンディが付くというお話でした。
このハンディが「フェアプレイでない」というご意見をいただきました。

確かに、3万人のスタートにかかる時間の遅れが、不公平にも思いますが
途中でトイレに並んだり、エイドで水分や栄養を補給する時間もあります。
私にとっては、記録より、参加すること、完走することが楽しみです。
完走するための大会規定は、ハンディ込みで7時間以内です。

なお、記録は、号砲からフィニッシュまでの記録「グロスタイム」と
私がスタートラインを越えてからの時間「ネットタイム」が公表されます。
「私の記録は5時間59分09秒」といっているのは、ネットタイムです。

では、今回は中間点21.0975kmまでの楽しい走りをご紹介します。

*** アクトMT メールマガジン第111号 ***

■ ペース8分/kmで走る1日(快調に中間点まで)

9:10の号砲で、このとき日本新記録を出した設楽君たちがスタート。
東京マラソンが始まりました。
19分遅れの9:29に、やっと私たちがスタートラインを通過しました。
うれしくてワクワクした気持ちで走り始めました。

10:08 外堀公園横(5km地点)を通過しました。
飯田橋駅前(5.6km地点)の最初の収容関門も15分ほどの余裕で通過。
その後トイレも済ませ、快調に走り始めました。

ここまでは、前号でお伝えしました。

少し落ち着いてきて、速すぎたペースを目標ペース8分/kmに落とします。
でもこの8分/kmで走っていると、どんどん抜かれます。
抜かれていると、置いていかれるような不安な気持ちになります。
でも、自分を信じて、一緒に速く走りたくなるのを我慢です。
私の目標は、最後まで楽しく走って完走することなのです。

自分のペースを確認するにはスマホのアプリが有効でした。
GPS機能で、1kmごとのラップタイムを声で知らせてくれます。
この声を聞いて、自分のペースを確認することができます。
もちろん記録も残せます。ウォーキングや自転車でも使えて便利ですよ。

10:51 日本橋(10km地点)を通過。銀座通りの入り口を左に曲がります。
この辺りでは、気持ちも落ち着いて、自分のペースを守れるようになりました。
体も温まってきたので、ウインドブレーカを脱いで、腰にくくりつけました。

ここからは折り返しコースなので、帰ってくるランナーとすれ違います。
折り返して来ると、28km地点です。
このとき、先頭の設楽君たちは、もう折り返してここを通過しています。
速いですね。私の約3倍の速さですからね。
それでも、先頭グループではありませんが、前から走って来る人は速い!
私なら全力疾走の速さです。韋駄天の走りとは、こんなものでしょうか。

11:31 浅草雷門(15km地点)に突き当たって右折。折り返します。
雷門前は、コースの中で最も盛り上がる場所の一つです。
沿道は応援の人でぎっしり。
バンド演奏や太鼓に踊り、騎馬警官も出動しています。

私も、2~3枚写真を撮りました。まだまだ余裕があります。
日本橋からは、北に向かって走ってきます。
背中からの日差しが暖かくて、汗が流れてきます。

雷門で折り返して、今来たコースを蔵前橋まで戻ります。
蔵前橋で右に曲がり橋を渡り、もう一つの折り返しコースに入ります。
蔵前橋を渡ると墨田区です。
両国、清澄、門前仲町まで木場の手前の富岡八幡を目指します。
この辺りは、応援がまばらになってきて、単調な走りになります。
不安を感じたり、自分と向き合う時間(?)になります。

12:25 富岡八幡宮(20km地点)で、折り返します。
このコースでは、運河の小さい川にかかった橋をいくつも渡ります。
橋には、普段は気になりませんが、上り下りがあります。
この上りが、だんだんきつく感じるようになってきます。

12:27 中間点21.0975kmを通過。
タイムは3時間17分32秒でした。
このタイムは、スタート(9:10)からの正式(グロス)タイムです。
スタート遅れの19分を差し引いたネットタイムで、2時間58分です。
目標の8分/kmのペースで計算すると、2時間49分なので、9分遅れです。
しかし、この9分の遅れは、途中のトイレタイムも含むのでほぼ予定通りです。

ちなみに、前回(2017年)の中間点通過タイムは、3時間1分17秒でした。
今回より16分も早いペースです。
このオーバーペースが、後半で重く効いてきました。。

添付の写真は、雷門前の様子と富岡八幡前で颯爽と(?)折り返す私です。
雷門前は、ランナーの写真スポットです。

画像  画像

富岡八幡前の私のお腹のふくらみは、お腹に巻いたウインドブレーカです。
コースは、富岡八幡から北上し、蔵前橋まで戻ります。
そして、いよいよ銀座通りに入りますが、それは次回に。

■ コーチングスポットのご案内

2月のテーマは

 OKコミュニケーション (私のこだわり)

OKコミュニケーションは、相手を認めるメッセージを伝えことにより
人と人との絆を強くし、意欲を高めて、楽しく充実した人生を提供します。
分かりやすい言い方では「ほめる」ですが、ほめるばかりではありません。
たとえば、失敗しても、そこでの「頑張り」を認めて共感を伝えます。

OKコミュニケーションでは、
相手の「行動・成果・可能性・考え・想い・・・」を認め、共感を伝えます。
共感を伝えられた人は、認められて、うれしくなります。
共感して認められると、自分の能力や考えに自信を持つことができます。
そして意欲を高め、さらにもう一歩前に進もうと、自ら行動を起こします。

例えば、仕事で失敗した時でも、失敗した結果だけに目を向けず
その結果を肯定的に受止め、できたところを認めます。
さらに、その人の仕事への取組み方や頑張り、仕事にかける想いを認めます。
そして、その想いに対して、共感を伝えます。

すると、その人は仕事に対する意欲を取り戻します。
今回の失敗は貴重な経験として、次に活かす前向きな気持ちが生まれます。
そして、将来の大きな成功へとつながります。

ところで、「こだわり」は、その人らしさを表すものといえますが
その人が持っている「信念」でもあり、「とらわれ」でもあります。
自分のこだわり、人とは違う自分らしさを上手に活かすことが大切です。

さあ、コーチングスポットで
OKコミュニケーションを学び、自分らしさを発揮しましょう。

日時:2月6日(水)19:30~21:30
 (毎月第水曜日に開催です)

場所 : 日暮里ホテルラングウッド サニーホール
 JR日暮里駅南口徒歩1分 荒川区東日暮里5-50-5

参加費: 700円    定員: 20名

問合せ・申込み:03-3895-5353 森戸

e-mailは、こちら [参加申込み]

ホームページ:検索サイトで  コーチングスポット  [検索]
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック