アクトMTメルマガ第114号:東京マラソン完走(ペース8分/kmで走る一日:総括編)

3月3日に、今年の東京マラソンがありました。
残念ながら私は、応援に行けませんでした。
でも、ランナーはもちろん、応援の人たちも、雨で大変だったと思います。
ご苦労様でした。

特にランナーの苦労は、私も経験があるのでよくわかります。
2017年の東京マラソンが朝のうち雨でした。
ごみ袋に頭と腕を通す穴を開けて被っていたことを覚えています。

その寒さのためでしょうか、今回の大会は大番狂わせがありました。
日本記録保持者の大迫選手が途中でリタイア。
マラソン初出場の中央大学の堀尾選手が日本人トップとなりました。

このメルマガでもお伝えしてきましたが、マラソンは天候との戦いです。
雨や風、その時の暑さ、寒さにどのように準備するかが大切なようです。

さて、このメルマガ:東京マラソン完走も前号で無事にフィニッシュしました。
今回は改めて、私が走り始めてから、東京マラソン完走までを振り返ります。

*** アクトMTメルマガ114号 ****

■ ペース8分/kmで走る一日(総括編)

私が走り始めたのは、50歳の半ばを過ぎてからです。
階段を登るときに膝頭がギコギコいうので、走ってみようと思いました。
お陰さまで、しばらく走っていると膝も快調に回復してきました。

このころは、まだ数キロを走る程度でした。
でも、少しずつ走ることが楽しくなってきました。
いつも荒川の土手を走りますが、季節により景色が変わり、風が変わり・・・。
そんなことを感じながら走るのも気持ちがいいものです。
今の季節だったら、春を感じる風が抜群ですね。

走っているうちに、だんだんと長い距離も走れるようになってきました。
ちょうどそのころに、住んでいる荒川区のマラソン大会を知りました。
「荒川リバーサイドマラソン」です。
2010年11月60歳のときでした。

10kmの部にエントリーしました。
生まれて初めてのマラソン大会出場です。
この大会は、親子で3kmを走るファミリーランなどもある小さな大会です。
10kmが最長の種目です。

その時の記録は、55分06秒でした。
ここで、レースに出場して走る楽しさを知りました。
自分なりの目標(この時は1時間以内)を設定して準備し、本番に臨む。
そして、走り切る。
フィニッシュでの達成感は、素晴らしく、うれしいものです。

翌年2011年12月に、友人に誘われて横浜マラソン10kmに出場。
このころから、東京マラソンに出たいという気持ちがわいてきました。
そして、毎年エントリーするようになりました。
でも、ずっと落選が続きました。

2012年4月、3回目のレースで、ハーフマラソンに挑戦しました。
「リトライ東京」という東京マラソンで落選した人向けの大会です。
しかし、この大会は、朝から冷たい雨でした。
ちょうど、今年の東京マラソンのような感じです。

20kmまで走れば何とかなると思っていました。
でも、甘かった!
最後の1.0975kmがとても長く、つらかった!
雨と寒さで疲労困憊。
なんと、帰りの駅の階段が登れません。
1段足を上げても、踏ん張りがきかず、体が上がらないのです。
力が入らないとは、こういうことなのですね。驚きました。
手すりをつかまって、やっとの思いで登りました。

また逆に、暑い大会もありました。
その時は、フィニッシュしてから、つまずいた感じでフラッとしました。
隣を走っていた女性から、「大丈夫ですか?」と声をかけられました。
きっと軽い熱中症だったのだろうと思います。

思い返せば、いろいろな大会がありました。
中には、つらい大会もありましたが、今となると、どれも楽しい大会です。
これは、私がこれまでに出場した記録です。
画像


2017年と2018年の東京マラソンの記録証です。

画像  画像

シューズに付けるタグと手首に付けるセキュリティバンドも載せました。
タグは、ICチップが組み込まれ、通過時間を計測します。

普段、走っていて楽しいことは、意外と遠くまで行けることです。
我が家から上野公園までは、片道5km、往復10kmです。
春は、上野公園や谷中の桜。夏は不忍池の蓮の花が楽しめます。
また、細い道でも入っていけるので意外なものの発見もあります。
ぜひ皆さんもランニングに挑戦してみてください。

私が始めたときは、散歩の人に抜かれるぐらい遅く走りました。
慣れるとすぐにスピードも上がってくるし、距離も出るようになります。
毎日散歩で1時間歩いている人は、同じ距離を1時間かけて走りましょう。
散歩と同じ距離で同じ時間です。違いは、歩くか、走るかだけです。
できます。

そして、いつか私と一緒に東京マラソンを走りましょう。
楽しみにしています。


■ 「東京マラソン完走」シリーズを終わります

今号でアクトMTメルマガの「東京マラソンシリーズ」を終わります。
これまでのご愛読ありがとうございました。
特に、感想をお送りいただいた方には感謝いたします。
皆様の感想が、私にとってメルマガを続ける大きな励みになります。

次回シリーズは、コーチングに戻ってお送りしたいと思います。
会社をリタイアし、やることもなく家で過ごしていた男性のお話です。
コーチングを知り、コミュニケーションに目覚め、生き甲斐を見つけます。
もちろん、フィクションです。
楽しみにしてください。


■ コーチングスポット4月開催のご案内

4月のテーマは

 「聴く」とは? (聴き上手になろう!)

「私は話題がなく、初めての人と一緒にいるのが苦手です。」
「私はおしゃべりが過ぎ、気が付くと自分ばかり話しています。」
「話をしているだけなのに、なぜかいつも相手を怒らせてしまう。」

会話の悩みは、人さまざまです。そんな悩みを解決しましょう。
会話の悩みを解決するには、「聴き上手」になることが近道です。

今回は、コーチングのもっとも基本の技術である 「傾聴技法」 です。
毎月第一水曜日開催の6回コースのスタートです。
さあ、コーチングを身に着け、会話上手になりましょう。

日時:4月10日(水)19:30~21:30
 (都合により第二水曜日に開催です)

場所 : 日暮里ホテルラングウッド サニーホール
 JR日暮里駅南口徒歩1分 荒川区東日暮里5-50-5

参加費: 700円    定員: 20名

問合せ・申込み:03-3895-5353 森戸

e-mailは、こちら [参加申込み]

ホームページ:検索サイトで  コーチングスポット  [検索]
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm