アクトMTメルマガ119号:OKカード贈呈式


ある会社で行われたOKカード贈呈式のご紹介です。
毎年行われ、毎年感動します。
この会社では、永年勤続表彰の仲間にOKカードを贈ります。
この式典には、社員全員が出席します。
社員には、事前にOKカードが配られています。
そのカードに、表彰を受ける仲間に対するメッセージを書きます。
感謝や敬意など、贈る人の想いを込めたメッセージです。
式典では、一人一人が順番に自分の書いたOKカードを読上げて、
表彰を受けた仲間に渡します。

毎日、一緒に仕事をしている仲間から、これからも頑張ろう!
昔、お世話になりましたと、感謝の言葉。
あまり話したことがないけど、素晴らしい仕事ぶりを見習いたい。

いろいろなメッセージが読み上げられます。
もちろん、メッセージをもらう人は、うれしく、感激でしょう。
それを聞いている私たちも、楽しく、感激をもらえます。

そして、今回も感激のサプライズがありました。
ぜひ、ご覧ください。

また、「OKカード」をご存じない方のために、
私や一緒に研修をしたコーチが、研修を受講した方からいただいた
メッセージが書かれた「OKカード」を下に添付します。

今、読み返しても、その時の感激がよみがえります。

■ 永年勤続表彰の仲間に敬意と感謝を込めて

株式会社丸三の安全大会が開催されました。
安全大会は、社員全員が参加して毎年開催されます。
運送会社として、全員で安全を誓うとともに、
社員同士の絆を強くします。
そしてそこで行われるのが、
永年勤続表彰の仲間に贈る「OKカード」の贈呈式です。

今回は、10年勤続で1名、30年勤続で1名の2名でした。
社長から、表彰状が送られました。おめでとうございます。

そして、懇親会で、いよいよ「感動」の場面が始まります。
OKカードの贈呈式です。
壇上に上がった勤続10年受賞者と勤続30年受賞者に、
たくさんの仲間からOKカードが贈られました。
OKカードは、事前に社員全員に配られ、
普段の仕事ぶりをたたえる言葉や
お世話になっている感謝の言葉などを書いて持参しています。
当日、業務の都合などで列席できない仲間のカードを
預かって出席している人もいます。
一人ひとりが自分のカードを読み上げて本人に手渡しします。


さすがに、勤続30年になるとカードを贈る人も大人数です。
カードを贈る列も長くなります。
まさに、「感動」です。
だれもが、いつか、どこかでお世話になっているのでしょう。
感謝を伝えるOKメッセージをたくさん聞きました。
うれしいですね。

こうして全員がカードを贈呈して贈呈式が終わろう
とするとき、今年はサプライズがないのかな?
と思っていると突然に始まった列席者全員による
「ハッピーバースデー」の大合唱。
今日は勤続10年表彰と同時に誕生日だったのです。
ダブルで、おめでとうございます。
会社の仲間全員から祝福を受けて嬉しそうでした。
ここでも「感動」でした。

今年もたくさんの感動をありがとうございました。

OKカードの事例です。
これは、私や一緒に研修の講師をしたコーチが、
研修を受講した方からいただいたメッセージです。
OKカード事例.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント