テーマ:アクトMTメルマガ

アクトMTメルマガ140号:令和を楽しむ<ことばのキャッチボール(その2)>

和泉コーチが、『会話はキャッチボール』という話を始めました。キャッチボールのように、相手の方を向いて構えて聴く姿勢を見せることで、『話しをする』という気持ちが通じ合うことが大切だと話しました。そして次に、「もし、相手の投げたボールが大きくそれてキャッチできなかったたら、誰が拾いに行くでしょう。」と質問しました。さて、どのような話になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more