テーマ:自治会長 神崎一夫

アクトMTメルマガ141号:令和を楽しむ<『自分らしく生きる』とは?>

キャッチボールで、相手が投げたボールがそれてしまったとき、拾いに行くのはキャッチする人です。同じように会話でも、相手の話が的外れとか、間違っているなどと思っても最後まで話を聴きましょう。という説明に、一夫は納得できなかったようですね。勉強会はまだ続きます。 *** アクトMTメルマガ141号 **** 我々、昭和世代は、激動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ140号:令和を楽しむ<ことばのキャッチボール(その2)>

和泉コーチが、『会話はキャッチボール』という話を始めました。キャッチボールのように、相手の方を向いて構えて聴く姿勢を見せることで、『話しをする』という気持ちが通じ合うことが大切だと話しました。そして次に、「もし、相手の投げたボールが大きくそれてキャッチできなかったたら、誰が拾いに行くでしょう。」と質問しました。さて、どのような話になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ139号:令和を楽しむ<ことばのキャッチボール>

神崎一夫は、相手の『繰り返し』と『感情の反射』でウキウキした気持ちになりました。その効果は分かったような気がしてきましたが、自分にこれができる自信はありません。 *** アクトMTメルマガ139号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そして今、令和は、自分のために、自分自身の人生を楽しむ時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ138号:令和を楽しむ<『繰り返し』と『感情の反射』(その3)>

神崎一夫は、積極的な想いでコーチング勉強会に参加しました。そして、2人一組になった練習セッションで聴き手役になりました。相手の話したことばの『繰り返し』に挑戦しましたが、繰り返すことばが出てきません。焦ってしまい、相手の話も分からなくなってしまったところで、終了の時間となってしまいました。 *** アクトMTメルマガ138号 **…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ137号:令和を楽しむ<『繰り返し』と『感情の反射』(その2)>

前号では、神崎一夫は、2回目のコーチング勉強会参加しました。今回のテーマは『相手を受け止める』。そして、傾聴技法の『繰り返し』と『感情の反射」が課題です。一夫は、どれも理解し難いようですが、早速に、2人一組になった練習セッションが始まります。 *** アクトMTメルマガ137号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ136号:令和を楽しむ<『繰り返し』と『感情の反射』>

神崎一夫が旧友の板垣と会いました。そのとき、春日の奥様から「会長さん。聴いているんですか?」と言われたことに対して、「腕を組んで目を閉じていたら、そう言われるのは当たり前だ。」と、板垣から言われました。そして改めて、コーチング勉強会に通ってみようと考えました。 *** アクトMTメルマガ136号 **** 我々、昭和世代は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ135号:令和を楽しむ <旧友に打ち明けた(その2)>

前号では、神崎一夫は、旧友の板垣との飲み会に出かけました。何でも遠慮なく言い合える仲の板垣に、一夫はマンションの自治会長になった話を始めました。 *** アクトMTメルマガ135号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そして今、令和は、自分のために、自分自身の人生を楽しむ時代だ。 ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ134号:令和を楽しむ<打ち明けた>

役員会で衝撃を受けた一言「会長さん、聴いているんですか?」について、家族にも話せず、一人で悩みを抱えて悶々としている神崎一夫でしたが・・・。 *** アクトMTメルマガ134号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そして今、令和は、自分のために、自分自身の人生を楽しむ時代だ。 ■令和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ133号:令和を楽しむ<コーチング勉強会を続けよう>

神崎一夫が、夏祭りの開催が決まった自治会の役員会から自宅に戻りました。家族に役員会での議論の様子を話し、そして会長の役割である焼きそば屋への協力を頼みました。しかし、一夫が役員会で一番衝撃を受けたできごとは、話しませんでした。さて、衝撃を受けたできごととは? *** アクトMTメルマガ133号 **** 我々、昭和世代は、激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ132号:令和を楽しむ<母さん、どうしよう。>

神崎一夫が住んでいるマンションで例年開催している夏祭りは、開催することに決まりました。一夫は、開催決定にホッとしながらも、「会長さん!聞いているんですか?」と言われたことに悶々としながら、自宅に戻りました。 *** アクトMTメルマガ132号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そして今、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ131号:令和を楽しむ<夏祭りは中止すべき(その2)>

前号では、神崎一夫が住むマンションの自治会の5月の役員会が開催されました。議題は、例年開催しているマンションの夏祭りでしたが、中止した方がよいという意見が出て議論となりました。その議論の最中に、会長を務める一夫が「会長さん 聴いているんですか?」と言われてしまいました。 *** アクトMTメルマガ131号 **** 我々、昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ130号:令和を楽しむ<夏祭りは中止すべき>

一夫は初めてコーチング勉強会に参加して、2つの課題ができました。一つは、相槌の練習。そしてもう一つが「自分らしく生きる」について考えることでした。そして5月になり、一夫が会長となって2回目のマンションの役員会が開催されました。ここで、最初にお話しした「会長さん。聴いているんですか!」と言われる事件が起きます。 *** アクトMTメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ129号:令和を楽しむ <自分らしく生きるとは?>

一夫は初めてコーチング勉強会に参加しました。ところが、うなずきと相槌の練習セッションでは、「あ、そう」しか出て来ません。さらに、終わったときには、腕を組んで話しを聴いている自分に気が付きました。「うなずきと相槌くらい」と気楽な気持ちでやってみましたが、満足にできなかった自分を情けなく感じ、「相槌の練習」をやってみようと考えていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ128号:令和を楽しむ <うなずき・相槌>

一夫が初めてコーチング勉強会に参加しました。今回の勉強会のテーマは『話を聴く』です。「話を聴いて、相手の人と信頼関係が結びます。」というコーチの説明に、一夫は少し疑問を感じましたが、『傾聴技法』の『うなづき』と『相槌』の効果を確認する練習『だるまさんリスニング』が始まりました。 *** アクトMTメルマガ128号 **** …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ127号:令和を楽しむ <初めてのコーチング勉強会 その2>

「メルマガ:令和を楽しむ」では、一夫が、地域広報誌で見つけたコーチング勉強会に参加しました。「自分らしく生きよう。自分らしさは自分の中にある」ということばに、ひかれたようです。どんな勉強会か、少し不安もありましたが、いよいよ『話を聴く』というテーマで勉強会が始まりました。 *** アクトMTメルマガ127号 **** 我々、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ126号:令和を楽しむ <初めてのコーチング勉強会>

一夫は、家に居る時間が長くなってから、妻の良子との会話に煩わしさを感じているようです。一方、良子は、一夫との会話は今までもそうだったと思っていますが、一夫が昼間にやることがないことは気になっているようです。でも、この解決には時間がかかりそうですね。 ところで、一夫が初めて参加したコーチング勉強会で「聴いてもらっている」と感じたという感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ125号:令和を楽しむ<妻 良子との会話>

さて、「メルマガ:令和を楽しむ」では、一夫がマンションの自治会長になりました。家に帰って家族に話したところ、激励やら、心配やらありましたが、何とか協力も得られそうです。神崎家はいつもこのように和気あいあいとした雰囲気なのですが、実は最近、一夫が気になっていることがあります。 *** アクトMTメルマガ125号 **** 我々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ124号:令和を楽しむ <自治会長になる>

5人の理事による第1回目の役員会が開催されました。そして会長の選任に議題が移りました。お互いに固辞する中で、春日の奥様から「男性がやるべきだ」と言って、一夫を推薦する意見が出ました。 *** アクトMTメルマガ124号 **** 我々、昭和世代は、激動の中に育ち、平成を必死に働いてきた。 そして今、令和は、自分のために、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ123号:令和を楽しむ <第1回役員会 その2>

一夫は、会社を定年退職してから、何をするでもなく過ごす毎日が続いていました。ちょうどマンションの自治会の役員の番が神崎家に回ってきたので、一夫が役員会に出ることを決断しました。自分としては自信をもって決めましたが、これまで近所付き合いのなかった一夫に、妻の良子は少し心配です。そして、第1回目の役員会が開催されました。 *** …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ122号:令和を楽しむ (第1回役員会 その1)

マンションの役員会で「聞いていますか?」と言われた一夫でしたが、コーチング勉強会での「だるまさんリスニング」を思い出しました。1回目、相手が、うなずきも相槌もしないで無表情で話を聴くと、話の途中でつらくなりました。そして2回目、うなずきと相槌をしてニコニコしながら話しを聴くと、「一生懸命に自分の話し聴いてくれている」と感じ、ウキウキした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ121号:令和を楽しむ(だるまさんリスニング その2)

マンションの役員会で「聞いていますか?」と、言われた一夫が思い出したコーチング勉強会。そこでの最初の練習が「だるまさんリスニング」でした。1回目、相手が、うなずきも相槌もしないで話を聴いていると、話の途中でつらくなってきた一夫でした。 そして2回目は、うなずきと相槌をして、話しを聴く練習です。ここで、一夫は、これまでに経験したこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ120号:令和を楽しむ(だるまさんリスニング その1)

連載してきた「令和を楽しむ」に戻ります。マンションの役員会で「聞いていますか?」と言われた一夫でした。「なぜ言われたのだろう?」と考え、思い出したコーチング勉強会。そこで、一夫が感じた「話を聴いてもらっている」という感覚。自分自身の話の聴き方に、何かを気付いた一夫でした。 では、コーチング勉強会で、どんなことがあったのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ118号:令和を楽しむ (コーチングとの出会い その2)

役員会で「聴いているんですか?」と言われた一夫でしたが 最近通い始めたコーチング勉強会で感じた感激を思い出しました。 これまで気にもしていなかった『うなずきと相槌』です。 それだけで「話を聴いてもらっている」と感じたことでした。 このメルマガ「令和を楽しむ」も順調(?)に続いていますが ある方から、「これは、実話か?」と聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ117号:令和を楽しむ (コーチングとの出会い その1)

自治会長を引き受けた神崎一夫ですが、早速に大きな衝撃を受けました。 これからの役員会の運営が不安になってきました。 しかし、そこで思い出したのが、コーチング勉強会でした。 いったい、どんなことを思い出したのでしょうか。 このメルマガ「令和を楽しむ」も3回目です。 皆様から、「早く次が読みたい」などの感想もいただいています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ116号:令和を楽しむ (会長さん 聞いているんですか? その2)

このメルマガは、前号から「令和を楽しむ」が始まりました。 自信過剰で少し気の弱い 神崎一夫 が主人公です。 よろしくお願いします。 早速に、大きな悩みを抱えることになりました。 *** アクトMTメルマガ116号 :令和を楽しむ **** ■ 会長さん 聞いているんですか?(その2) 神崎一夫65才。1年前にそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクトMTメルマガ115号:令和を楽しむ(会長さん聞いているんですか?)

アクトMTのメルマガも115号となります。 今号からは、装い新たに「令和を楽しむ」がスタートします。 主人公は、神崎 一夫 65歳 です。 我々 昭和世代は、戦後復興から高度経済成長の中で育ちました。 平成時代には、バブル崩壊、リーマンショックなど経済的な大混乱を乗り越え 阪神淡路大震災、東関東大震災などの災害にも見舞われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more