<4月10日(水)開催>コーチングスポット

4月のテーマは
 「聴く」とは? (聴き上手になろう!) 
「私は話題がなく、初めての人と一緒にいるのが苦手です。」
「私はおしゃべりが過ぎ、気が付くと自分ばかり話しています。」
「話をしているだけなのに、なぜかいつも相手を怒らせてしまう。」

会話の悩みは、人さまざまです。そんな悩みを解決しましょう。
会話の悩みを解決するには、「聴き上手」になることが近道です。

「話し上手」と「聴き上手」という言葉があります。
「話し上手」は、多くの人をひきつけ、いつも話しの中心にいます。
きっとあなたも、その話を聴いていて楽しいと思います。
「聴き上手」の人は、あなたの話をしっかりと聴いてくれます。
聴いてもらっただけで、あなたは考えが整理できるかもわかりません。
だから、私が親友にするなら「話し上手」より「聴き上手」です。

会話では、相手の話を、よく聴くことが大切です。
でも、「よく聴く」とは、どのようなことでしょうか。

「話を聴く」とは、「私の話を聴いてくれた」と相手に伝わることです。
そのためには、相手の「想い」に焦点を当てて話を聴きます。
これが、「相手に興味を持つ」ということです。
話を聴くとき、一番大切なことは、この「相手に興味を持つこと」です。

ところが、相手の話を正確に聴こうと考えると、
「あれは?」「これは?」「いつ?」・・・と、質問攻めになります。
これは、相手の話を自分の興味に引き込もうとしているだけです。

相手の問題を解決してあげようと考えると
「こうしたら?」「だったら、こうすれば?」と提案を押付けます。
これは、あなたが勝手に「これが問題だ」と決めつけているだけです。
これらの質問攻めや提案の押しつけは、相手を嫌にさせるだけです。

話を聴き、ことばを受止め、想いを受止め、その人自身を受止めます。
そして、受止めたことを相手に伝えます。
この相手に受止めたことを伝える方法が、話の聴き方「傾聴技法」です。

相手に興味を持つ第一歩は、相手の人と親しくなりたいと思うことです。
そして、相手の話を聴き、相手の想いを受止め感じてみましょう。
そのために、傾聴技法を身につけて、聴き上手になりましょう。

今回は、コーチングのもっとも基本の技術である 「傾聴技法」 です。
毎月第一水曜日開催の6回コースのスタートです。
さあ、コーチングを身に着け、会話上手になりましょう。

☆☆ コーチングスポット 4月開催のご案内 ☆☆
 <どなたでも、参加できます>

日時:4月10日(水)19:30~21:30
 (都合により第二水曜日に開催です)

場所 : 日暮里ホテルラングウッド サニーホール
 JR日暮里駅南口徒歩1分 荒川区東日暮里5-50-5

参加費: 700円    定員: 20名

問合せ・申込み:03-3895-5353 森戸
e-mailは、こちら [参加申込み]

ホームページ:検索サイトで  コーチングスポット  [検索]
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~act_mt/cospot.htm








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック