<4月1日(水)中止>コーチングスポット

4月1日(水)に開催の予定だったコーチングスポットは、中止とします。

新型コロナウイルスの感染予防のために、3月に続き4月も中止とします。
誠に残念ですが、ご了承ください。

先日、新型コロナウイルスについて専門家会議の発表がありました。何とか持ちこたえているということですが、まだまだ慎重な行動が要求されています。このような状況から、4月のコーチングスポットは中止することにしました。

でも、季節は春爛漫。さくらも咲き始めました。お花見の宴会はできなくとも、見物だけでも春を楽しみましょう。

なお、次回は、5月7日(木)の予定ですが、開催については、改めてご案内します。

皆様も、感染対策に十分に注意して、お過ごしください。そして、外に出られない今だから、できることがあります。今を楽しみましょう。

■ 『ミラーリング』にチャレンジ

4月のコーチングスポットにテーマは、『聴くとは?』の予定でした。
そこで、『目と心で聴く』ための『ミラーリング』をご紹介します。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

お友達が、ニコニコしながら話しかけてきました。
 「私、ディスニーランドに行ってきたんだ!」

そこで、あなたもニコニコしながら応えます。
 「ディズニーランドに行ってきたんだ!」

すると、お友達は楽しかったことを詳しく話してくれるでしょう。

でも、同じことばですが、あなたがムッとした顔で応えます。
 「ディズニーランドに行ってきたんだ!」

すると、お友達は
 『誘わなかったので怒っているんだ。ゴメン』
と考え、話をやめてしまうでしょう。

このように、伝える『ことば』は同じでも、伝わる『こと』は違います。
そのために『目と心で聴く』ということが必要になります。相手のことばを耳で聞くだけではなく、目と心で相手の話を聴きます。もちろん質問や反論は我慢です。これが、相手を受止めるということです。

目と心で聴くための第一歩は「ミラーリング」です。ミラーリングとは、鏡(ミラー)に写したように相手の動作や表情をまねることです。相手がお茶を飲めば、こちらもお茶を飲む。相手が笑えば、こちらも笑う。という具合です。

会話で受止める相手の気持ちは「うれしい・悲しい」だけではありません。
・少し考える時間が欲しい
・真剣に話をしたい
・そろそろ話題を変えたい

会話の最中には、相手の心の中にはいろいろな気持ちが湧いています。しかし、これらを直接に感じることは難しいことです。

そんな時に役立つのがミラーリングです。相手の動作をよく見てみましょう。
・少し考える時間が欲しいときは、目をそらして上の方に目を移します。
・真剣に話したいときは、身を乗り出します。
・話題を変えたいときは、お茶を飲んで間合いを取ります。

このように、相手の心の中に湧いた気持ちは、動作になって現れます。

そこで、あなたも相手の動作と同じように行動しましょう。
・目を上の方に移して、「少し考えてください」と考える時間を提供します。
・いっしょに身を乗り出して、「真剣に話を聴きましょう」と体で伝えます。
・いっしょにお茶を飲んで、「話題を変えましょうか」という気持ちを伝えます。

このように、相手の気持ちを感じようと必死にならなくとも、ミラーリングを使うと、結果として、相手の気持ちを受止め、その受け止めたことを相手に伝えることができます。

相手が少し考える時間が欲しいと思っているときに、あなたが相手の気持ちを無視して、説明したり説得したりすると、相手の人は、「うるさいな!少し黙っていてくれよ!」と反感を持つだけです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント